使わなくなったピアノの処分方法

使わなくなったピアノの処分方法 子供の頃から使っていたピアノの音が出なくなった、新しい物を購入したいなどの理由で、古いピアノの処分を考える人は少なくないです。
ただほとんどの場合、処分をしたことがないので、どうすれば良いのか戸惑ってしまいがちです。
処分方法はいくつかありますが、その中でも最もお得なのが専門の買取り業者に依頼する方法です。
買取り業者を利用するメリットは、お金をもらいつつ、不要なピアノを処分できることです。
これが粗大ゴミに出す場合、こちらからお金を払わなければいけないので、とてもお得といえます。
それと、買取り業者では、古いもの、あまり知られていないメーカーの商品なども快く買い取ってくれるのが特徴です。
というのも、買取った不要なピアノを中古として売り出しているからです。
なので、多少のキズや汚れ、変色など生活上やむを得ずついてしまったものについても、買取にはほとんど影響はないです。
さらに、修理ができる熟練したスタッフもいるため、音が出ないなど多少壊れていても買い取ってくれます。

ピアノの修理と調律方法

ピアノの修理と調律方法 ピアノの修理と調律方法ですが、どちらも素人が直すのはかなり難しいです。やはり専門家に頼むのが良いでしょう。
ピアノの修理に関することは、楽器屋か、メーカーに相談するのが良いと思います。しかし、修理の程度にもよりますが、調律程度なら、調律師に依頼すればすぐ解決します。
また、調律以外の修理でも調律師がメーカーにかけあってくれます。そのうえで自分で直せるようであれば、部品交換などをして直してもらえます。
普段から来てもらっている調律師がいるのであれば、その方に相談すると良いでしょう。
ただし、ピアノの痛みがひどく、国内メーカーのもの以外の場合、部品交換など難しいこともあるかもしれません。お願いする時にメーカーや製造年などは伝えておきましょう。
また、調律師から探さなければならない場合は、知っている楽器屋さんに相談するとすぐに派遣してもらえます。
最近は、ネットでも探すことが出来ます。調律の費用などは様々ですので相場を調べてからどの人に来てもらうか考えても良いかもしれません。